スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぶし銀から環境カードに!?「魔封じの芳香」&「闇のデッキ破壊ウイルス」!!

はい、どーも!(゚Д゚)ノ
忙しさにかまけてすっかり更新が滞ってました。。。

今日は最近僕が推して推してやまないカード、「魔封じの芳香」「闇のデッキ破壊ウイルス」について語ろうと思います(´∀`∩)↑

Cut2013_0222_1334_16.jpgCut2013_0222_1418_51.jpg



芳香は昔っから「アロマ」の愛称で呼ばれている知る人ぞ知るいぶし銀的なカードなので、
ご存知の方も多いと思います!(闇デッキは・・・笑)

なぜ今この化石カードを紹介するのかと言うと、某環境トップデッキの存在です。
もちろんお気づきですよね?笑

そう!「魔導」です!(=゚ω゚)ノ


Cut2013_0222_1344_33.jpgCut2013_0222_1341_45.jpg


最新弾LTGYに収録されている「魔導書の神判」がもたらしてくれる圧倒的なアドバンテージは言わずもがな><
先攻、後攻を問わずにブン回れば相手をアドの暴力で押しつぶす!
それが魔導の特徴です(; ・`д・´)

相手のハンドが上限の6枚、
フィールドにはセットカードが4~5枚

・・・なんて想像したくもないですよね笑

と、ここまでプッシュすると完全無欠デッキに聞こえてしまうかもしれませんが、
そんなことはありません!魔導にも弱点はあります。

それはデッキの半分以上が魔法カードであるという点ですm9( ゚д゚)

神判の性質上当たり前と言えば当たり前なのですが、

魔導を崩すにはこの部分を突く必要があります!



一番有名な魔法カードメタと言えば「ナチュル・ビースト」ですね。
Cut2013_0222_1427_87.jpg

こいつはほぼ無限に魔法を無効にできるナイスなカードなのですが、
いかんせん召喚条件がデッキを選びすぎます('A`)(六武衆、カラクリ、サイキック、トフェニマックス・・・等)


そこでおススメしたいのが、「魔封じ」と「闇デッキ」なんです!><


<ここが強(弱)いよ!魔封じの芳香(゚∀゚∩>

①魔法を半強制的にセットさせ、攻め手を遅らせることが出来る


②相手のサイクロン等伏せ除去を魔封じに向けることが出来る

大雑把ではありますが、魔封じの利点は大きく分けてこの2つになると思います。
①のポイントは先攻時に非常に大きく、こちらが一方的に魔法を使い、場をある程度整えているにも関わらず
相手にはそれを許しません。

②は返し手を罠に頼りがちなデッキ、そもそも罠が少ないデッキで重要なポイントになると考えられます。
また、アロマにサイクロンを強要させることで「デモンズ・チェーン」等の永続カードがより使いやすくなります。

よって、魔封じは六武衆やマーメイルといった比較的罠で返し手を準備するデッキに向いているカードと言えます。
六武衆には「シエン」や「ヤイチ」、マーメイルには「狙撃兵」があるのもポイントです(`・д・´)



※対魔導においては「ジュノン」、「ブレイカー」に割られる可能性が存在します。
なので、これらに対応出来る罠が必要になります。
(アロマ適応中は「トーラの魔導書」も一度セットしなければ発動できないのが救いですね><)

<ここが強(弱)いよ!闇のデッキ破壊ウイルス(゚∀゚∩>

①魔法or罠カードのどちらかを完全に根絶やしにすることが出来る

②ピーピングによって、相手の戦略の幅を狭めることが出来る

③魔導に対して決まればほぼ勝ちまで持っていくことが出来る


①、②はウイルスカード特有のポイントで、「言われなくてもわかります><」なんて人の方が多いと思います笑

なのでここでは③について語ります( ー`дー´)キリッ
③も当たり前と言えば当たり前なのですが、「闇デッキ発動→魔法宣言」で
相手のジュノンの特殊召喚を事実上不可能にしてしまえるのが最も重要な点です!
(ただし、「ラメイソン」には気をつけましょう!)

しかし「闇デッキ」はその強力さゆえに気軽に発動できる「魔封じ」とは異なり、
いくつかの問題を抱えています。

それは・・・

①ATK2500以上の闇属性を必要とすること

②打った後のリカバリーのしずらさ

この2点です。

まず2500を超える打点のモンスターは戦線を維持する上で重要な役割を持ち、基本的に手札1枚から
生み出すことはほとんど不可能です。
闇属性という点もネックで、ナチュビ同様ある程度の専用構築が求められます。

また、発動後相手に壊滅的なダメージを与えたはいいものの、
その後こちらも体制を崩してしまってはあまり意味がありません。
闇デッキのピーピングのことを考慮しても発動後2~3ターンで決着をつけることが理想です。

と、ここまでネガキャンすると、「そんなデッキなんてねーYO!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」
なんて思う方も多いと思います。
ですが、あるんですよ・・・。
闇デッキを打ちながらも体制を簡単に立て直せるデッキが・・・。((((;゚Д゚))))


それは「ヴェルズ」です!

Cut2013_0222_1759_16.jpgCut2013_0222_1801_56.jpg

ヴェルズはエースモンスターのオピオン(画像略)が闇デッキ媒体の条件をクリアしている点、
媒体オピオンで「侵喰感染」をサーチすることでヴェルズモンスターを「ケルキオン」に変換し
体制を簡単に立て直すことが出来るという点が最高にマッチしています!Σd(゚∀゚d)
またヴェルズは他のデッキの闇デッキと異なり、その展開力に物をいわせて「闇デッキ→罠宣言」から
ケルキオンを安全に通すことが出来ます。(警告等のカウンター罠を無視できるのがいい感じです)


媒体にするだけなら、「ビッグ・アイ」、炎舞下の「セイリオス」なんかもおススメですよ!
Cut2013_0222_1812_05.jpgCut2013_0222_1812_.jpg



と、今回はこんな感じでざっとではありますが、最近推しているカードを紹介させて頂きました!
ファミ2店頭にはアロマを使用した「アロマ六武」のレシピ等公開中ですので、ぜひぜひご覧ください(^ω^)

そしてそして、「こんなカードありますよ!」とか「このコンボパネェっすよ!」なんてご意見もお待ちしております!
スポンサーサイト
プロフィール

おかやん@あとできめる

Author:おかやん@あとできめる
ファミコンくん2号店というお店で遊戯王担当してます(=゚ω゚)ノ
雑記や真面目な考察まで、さまざまな記事書いていきますー。
にわかプロデューサーもやってます笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。